有限会社 三 栄 社
http://www.seihon3ei.jp
237-0072 横須賀市長浦町2−2
TEL.046-823-3981
FAX.046-823-3366
seihon3ei@jcom.home.ne.jp

お問い合せ
HOME ホーム  | 会社案内   |  特定商取引に関する表示  |  個人情報保護法  |  お問い合わせ
1冊から製本     1部から製作
会社案内
図書館製本
雑誌合冊製本
資料合冊製本
論文製本
学位論文製本
博士論文製本
調査報告書製本
写真集
卒業アルバム
卒園アルバム
結婚式アルバム
メニュー表紙
システム手帳表紙
オリジナル表紙
綴り込み表紙
出席簿
健康診断書表紙
帳簿製本
上製本
自分史・随筆
歌集・句集
図面製本
二つ折り製本
竣工図・設計図
施工図・青焼き
ビス止表紙
契約書製本

報告書製本
竣工写真
箔押し
コピー製本
楽譜製本
楽譜コピー
楽譜ホルダー
修理  改装
本をつくろう
材料見本
社長の一言
案内図
お問い合せ
リンク集
2017営業日
設備
綴じ 深溝切無線綴
Deep Cut Binding
DCB

三栄社の無線綴じ

深溝切無線綴じ DCB(Deep Cut Binding)

雑誌の合冊製本、上製本、くるみ製本等において本文が1枚づつの束になっているものは
独自の方法による無線綴じを行っています。

厚紙や逆目で綴じる部分に相当の負担が掛かるものは、
糸または針金で平綴じすることも有ります。


一般的に無線綴じと言うと無線綴じ機で綴じた物を指します。
無線綴じ機による綴じは背に回転歯で0.5o程度の切れ込みを入れ、
ホットメルトを塗布し表紙を包んで仕上げます。



三栄社の無線綴じは先ず丸鋸で溝を切ります。巾1.5o深さ3o間隔は5oです。


この溝に接着剤を塗り込みます。くるみ製本・上製本共に同じです。
接着剤の約50%は水分なので乾燥後の強度を得る為、
本文紙質により2度塗りをすることが有ります。

左 くるみ製本、本文背固め1回目の接着剤塗布後固化途中
右 上製本丸背背固め1回目乾燥したところ 溝の半分程度が接着剤で埋まっている。
 

さらに溝を埋める為2回目を塗布 くるみ製本は薄紙貼り付け 上製本は麻布貼り付け
 

本文用紙に溝を切ることにより、溝の部分は一塊の柔軟性のある接着層になる。
また切り欠いた事により折れやすくなっているので、大きく開きやすくなる。





DCB
TOP HOME